おしりニキビがある時に自転車に乗れる?対策などはできる?

おしりニキビ対策で一番オススメの商品はコレ!

おしりニキビがある時に自転車に乗れる?対策などはできる?

おしりニキビがある時に自転車に乗れるのでしょうか?

 

おしりニキビがある時に自転車に乗るとしたら、
何か対策はできるのでしょうか?

 

おしりニキビと自転車について、今回は書いていこうと思います。

おしりニキビと自転車について

お尻のニキビというのは下着や洋服の摩擦だったり、長時間の座っている事などが原因で大きくなる事があります。
これは、お尻に負担がかかることで角質が硬くなって、角質肥厚となって黒ずみやニキビの原因になっているという事なのです。

 

自転車に乗る事でどうしてもサドルとの摩擦だったり、お尻の圧迫があるので良い環境ではないですよね。
 
 
その他にも自転車乗っていて感じる振動だったり、汗から出る蒸れなど、
とにかく自転車に乗るというのはおしりにきびを悪化させる原因になるわけです。

 

しかもお尻というのは体の部位の中でも清潔にするのが特に難しい場所です。
汗をかくことで蒸れて細菌が広がってしまう可能性もあります。

 

特に痩せている方は要注意です。
お尻の脂肪が少ないわけですし、骨と自転車のサドルの刺激が伝わりやすいので、肌がこすれてしまいます。
そうなると、黒ずみやおしりニキビの悪化に繋がります。

おしりニキビで自転車に乗る時の対策はある?

おしりニキビで自転車に乗る時の対策は実際あるのでしょうか?

 

自転車に乗っている時にお尻に負担がかからないようにするにはどうすべきかというと・・・
ヒップパッドというのをつけると、お尻と自転車のサドルとの衝撃が軽くなるのです。

 

これはもともと補正下着なので痩せていたり、おしりが平べったくて悩んでいる方にもおすすめできるものです。

 

 

他にも対策はあります。

 

それは、自転車のサドルにつけるジェル入りのパッドやクッション付きのサドルカバーをつけるとお尻への刺激がかなり少なくなりますよ。

自転車に乗った後にすべきこと

おしりニキビができている時に自転車に乗った後にはある程度のケアが必要です。

 

ケアの内容としては、自転車に乗ると角質が硬くなるので、その角質を軟らかくして肌のターンオーバーを正常に戻すためのお尻専用のジェルやクリームなどをつけてお手入れしましょう。

 

これが自転車に乗った後にすべきケアですね。

 

また、もしも汗をかいている場合は必ずやわらかいタオルで拭いてくださいね。
汗を放置してしまうと、ニキビの悪化の原因になります。

 

ですので汗はしっかりと取って、おしり専用のジェルやクリームをつけましょう。
おしりニキビに効果的なニキビの薬をつけても良いですね。

まとめ(おしりニキビがある時に自転車に乗れる?対策などはできる?)

最後にまとめていこうと思います。

 

おしりニキビがある時に自転車に乗れるかどうかですが、一応乗る事は可能ですね。
可能ですが、おしりニキビがある状態で自転車に乗ってしまうと、ニキビの悪化へ繋がってしまいます。

 

悪化へ繋がる原因はサドルとの摩擦や圧迫などにより良い環境ではないからですね。
ニキビへ刺激がいくことになるので、当然悪化するわけです。

 

まあ、悪化だけの話ではなく普通に自転車に乗ってこぐだけでも痛いですよね。

 

だからこそ、おしりニキビの時に自転車に乗る場合は何かしらの対策をしたいものだと思います。

 

 

対策としては補正下着であるヒップパットをつける。
もしくはジェルやクッション入りのサドルカバーをつけてみる。

 

これら二つくらいしか対策という対策は無いと思います。
どちらかを実践してみてください。

 

上記の二つならどちらで対策しても大丈夫でしょう。
下着を変えるか、サドルを変えるかですね。
まあ、両方やった方が効果的だとは思います。

 

そして、自転車に乗った後は汗のケアや、おしりの保湿などを忘れないようにしましょうね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!マユミでした!